スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ北海道、行こう。その11。

2年ぶりに北海道の旅の記録更新w
まぁ夏が近づくと北海道に行きたくなるわけで、いけないフラストレーションを文章で昇華させているわけです。
昔、少しだけ住んでいた北見を訪ね、旅の一番目の目的は果たされた。次は母と弟と一緒にまわった土地を巡ります。

子どものころ行った北海道の場所で、一番印象に残っている場所。美幌峠。
bihoro

草の海と澄んだ湖。自分が住んでいる場所は、住宅地で山なので、今まで見たことがない景色だった。
今回10年ぶりくらいに訪れたけど、何も変わっていなかった。美幌峠は文字通り峠なので、原付で結構頑張って登っていきます。登って行くと急に目の前が開けて見える、昔見た景色。柵を乗り越えて先が見えるのも昔と一緒。
日本には色んな神様がいらっしゃるが、ここにも多分神様がいるんだろうなぁ。
僕はスーパーカブでテント道具一式積んで、のんびりのんびり走る旅だったので、道路一本にしても色んな記憶があります。道にリスやシカがいるのは驚いた。それ以上に驚いたのは、行き交う人との交流。日本では北海道だけ(だと思う。四国九州ではなかった)の旅人との交流で、すれ違う際にお互い手を振り合ったり、ピースをしたりで旅人同士やりとりをした。はじめはすっごい違和感だったけど、北海道の夏はそういう土地なんだよな。
誰かが「旅人王国」と名付けていたけどほんとにその通りだと思った。
今年の夏もそういう北海道であって欲しいと思っています。北海道は僕の聖地です。

スポンサーサイト

未来ガジェット。

いろんな経緯で、AndroidタブレットICONIA TABを触れる機会に恵まれる。

タブレット端末は面白い。iPod touch・iPadを買い、iPad2に買い替え、Android端末を触って遊んでいる身としては、これからこの端末が、パソコンや携帯電話のように生活に欠かせない端末になるのか、それともパソコンから派生したおもちゃになるのかは、趣味として、仕事にも若干影響があるので興味があるところです。

色々使ってみた結果として思うのは、タブレット端末はパソコンの代替には成り得ないということ。
用途が違い過ぎるというか、守備範囲が全然違う。例えるなら、固定電話と携帯電話の関係ではなく、ガスコンロと電子レンジの関係とでも言うべきか、どちらも用途としては似ているけど、片一方だけがあればいいものではないというか…。

タブレットの得意分野は、単体アプリの1-clickで完結できることに強い。目的が決まっていることに強い。
Twitter、写真、スケジュール、地図、動画(youtubeやTED)、本を読む、天気、メールチェック、ゲーム。
ネットサーフィンはタブレットでは弱い部類かもとも考えている。googleリーダーとか限定的なサービスを使わない場合、パソコンの方が色々楽だと思う。

対して、パソコンは、複数のアプリを同時に動かして、作成したり編集したり調べることが得意。
この文章を作るにしても、言葉の意味を調べたり、正しい言葉を探したりするために、文章を入力する以外の行動をたくさんとっている。
つかどんだけ時間かけているんだ今回の内容。
僕の文章の作り方は、適当にキーワードを書き連ねて、後から前後の編集をする。これをタブレットですると結構大変。タブレットはマルチタスクといっても、一度に一つのアプリの画面しかでないので、「1.アプリを閉じ→2.別のアプリを開き→3.情報を調べ→4.そのアプリを閉じ→5.再度元のアプリを開き→6.内容を入力する」と大変手間がかかる。これがパソコンだと「1.別のアプリを起動し→2.情報を調べ→3.元のアプリに戻り→4.内容を入力する」だけ、しかも「→」間の作業がほぼない。

タブレットが今後隆盛していくには、用途ごとキラーアプリの存在が必要だと思う。タブレットは一度に一つのアプリしか操作できないを思い切りの良さ(思い切りを良くせざるを得ないデバイス環境)が武器になる。
電子機器の過去データが容易に蓄積できるという特徴を活かして、単体アプリでデータを活用して欲しい。

ぱっと思いつくだけでも、
家の電子機器の制御はできるようになるでしょう。帰宅前にエアコン付けておこうかなーとか、ガス電気の消し忘れないかなーとか、今月の電気代はいくらなのかなーとか。
体調管理も電子機器の出番は増えるだろうなぁ。余計なお世話だろうから、必要としている人にとって利用されるサービスだろうけど。Wi-Fi Body Scaleは使っているけど、体重計に乗るだけで日々蓄積されて、大変便利。人によっては日々計測しておいたほうがいいもの(脈とか血糖値とか)はどんどん楽に蓄積管理できるようになるだろう。
保険証や運転免許証、診察券やポイントカードなども既に一部進んでいるが、どんどん減っていくんだろう。最近ではedyとかで、お金までデータでやりとりできるしなぁ。

子どものころは、映画やSFの世界だった出来事がどんどん現実になってるよなぁ。来てるよ未来。

生存戦略。

岩手出張4日目。毎日毎日学生とお話をする日々です。
以前は毎年恒例だったけど、こんなにぶっ続けじゃなかったぞ。
気力体力使うので、結構毎日ふらふらです。

岩手に来たけど、街の雰囲気や大学の空気が普通。あまりに普通。
震災の出来事は、織り込み済みで現実は動いていて、天気の話とかと同じ感じで話題が出てくる。震災の話題がどの重さで話されているのかわからない。会話の背景が読めない。それは僕が部外者で、関東以西の人は参加できない共感なんだと思う。

岩手盛岡は土地としては内陸にあるので、だからそういう雰囲気でもあるとは思います。
同情でもなく、共感でもなく、話題にすることもできず、権利と義務を淡々とこなすことが結局できることなのかなぁと思いました。色んなことがあるけど、今日生き延びることが、明日生き延びることに繋がる。そんなことを考えさせられる岩手出張です。明日も頑張ろう。土曜日も、日曜日も、仕事があるんだよ。

バールのようなもの。


(STRAIGHT/ストレート) ボルトカッター 12-231(STRAIGHT/ストレート) ボルトカッター 12-231
()
(STRAIGHT) ストレート

商品詳細を見る


仕事で使った。なんの仕事をしているんだ。
生協の仕事ってやつは小売業なのだが、小売されているのは主に従業員の人生です。

閑話休題。
こういう単機能の製品は好きです。
「まさにそれだけのためにある」の無骨さがなんとも言えず良い。日本刀とか凶器系も好き。
それとは別に、PCとか、ipadとかのワンツールマルチユースも好きなんですが、その商品自体はシンプルなものを望みます。

いつからか、物を少なくしようと考え、本を売り、荷物を捨て、スキャナと裁断機を購入し、物減らしに勤しんでいます。
僕の中で物減らしの欲求は、身軽になりたいことに繋がっている。なるべくどこに行くにも手ぶらがいい。でもそれは今までのものを捨ててどっか行くのではなくて、色々持って行きながら身軽でいたい。
そんな中で知った概念が、メメックス。色々な概念やガジェットを駆使して、辿りつくよう頑張っている。完全な趣味。

気が向いたときに気が向いた場所へ行く。多分この考え方は、北海道の渡りの人たちの影響だと思う。渡りの人たちのようにいろんなものを捨てて、夏は北海道、冬は沖縄で人生=旅の人たちのようにはなれないけど、渡りの人たちの心は持って、渡世できればと望みます。

ちなみに、冒頭の人生を小売しているという発言は現専務からのお言葉です。
プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。