スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍は書店陳列の夢を見るか?

本好きとしては書籍に貴賤はなくただ、見せ方が違うだけだと思っています。
ハードカバーと文庫版の延長に電子版がある以上のイメージはないかなぁ。
なので、現状の紙vs電子書籍の構図はすごい違和感。
本は、本(紙・データ)を読む人、読まない人の二分しかないと思っているのです。「おお、字統が電子書籍化されたか。では読もう」とはならないと思うのです。

紙でもデータでも読みたい立場からみたベストな落とし所は、紙の書籍を購入するとpdfの書籍も購入できる、がいいと思うんだけどなぁ。一冊につき、1ダウンロードのみの権利にすることで(古本ではない)本にプレミアムも付けられるし。

たとえば、書店とかで電子書籍コーナーがあり、紙の書籍が陳列されていて、立ち読みして気に入ったらその場で電子書籍をクレジットカードで購入、書籍をその場でダウンロードできる、は技術面をクリアすれば現実解としてかなり有効だと思うのだが、どうなんだろう。

紙の書籍と電子書籍と読みやすく、一覧性があり、記憶に残るのは絶対に紙。読むべきものとしてプレッシャーをかけられるのも紙なので、紙の書籍はなくらないと思う(なくならないで欲しい)。
ではデータ形式は須らくだめか、といえば、持ち運びが容易であったり検索ができることは素晴らしい点だと思う。今の僕のレベルでも「あれ、、、この単語の引用なんだったっけ?どっかで聞いたんだけど、、、」はWindowsサーチとかで検索すると該当の書籍をヒットさせられる。これは色々他人の言葉を借りながら文章作っている身としては大変便利。

それぞれに長所があるのだから、補いあえる展開方法を考えるのが、どちらかが駆逐されてしまう未来よりよほど将来の本を読む人が広がると思う。そうあって本を読む機会、本を読む人が増えてくれれば、本が好きな人として嬉しいです。
スポンサーサイト

BOSE soundLink Wireless Mobile speaker 購入。

か、買ってしまった。今年最後の大物の購入。
ちなみに、今年の大物の買い物はiPod touch、MacBookAir、iPad2です。なんだこれ。


BOSE SoundLink Wireless Mobile speakerBOSE SoundLink Wireless Mobile speaker
()
BOSE

商品詳細を見る

なんとなく、ビックカメラをふらふらしていたら見つけてしまった。

ホームプロジェクタがある関係でホームシアターシステムにすごい興味があって、店に行くと買う気もなく眺めています。
買ってもそんなに映画を見ない(これはこれで勿体ないのだが)とか、それなりの金額と気合がいる+隣人に迷惑になるからできないよなぁで、それより何より、家にコードが増えるってのが嫌で購入は最初から諦めてはいます。

けど、これBluetooth接続が可能なんだね、、、ということはiPadでもなんでもほとんど接続が可能ということか、、、。それは便利だなぁ。店頭で聞いてみても低音もよく鳴るみたいだし、今までスピーカーに凝ったことなかったしなぁ。

とゆーことで思い切って購入。Bluetoothだから接続もすごい楽。
大きさは、Wiiより少し縦にながい感じ。ああ、ティシュの箱より一回り小さいくらいかな。
重さは1.3らしいです。そんなに持ち歩くことは想定していないけど、家で移動させるのに気になることはないくらいの大きさ。
音はさすがBOSEだなぁって感じとしかいいようがない。今まで家にはおまけ程度のスピーカーしかなかったので、音の違いに驚いています。低音の鳴りってこんなにスピーカーによって違うんだと改めて実感。

Bluetoothに対応していない、プロジェクタの音もBOSEから出したい!とゆーことで、次も購入しています。

SONY ワイヤレスオーディオアダプター HWS-BTA2WASONY ワイヤレスオーディオアダプター HWS-BTA2WA
(2007/10/21)
ソニー

商品詳細を見る

これで、Bluetooth対応していない機器でも、スピーカーなどに無線で音を飛ばせるとのこと。
これがこのスピーカーの近くにおいてあるとは、、、ビックカメラわかってやがる。

最近の買い物は「自分の部屋をどれだけ簡素に充実したものにするか」にすごいよっていると思う。
結果として、引越し当初と比べて荷物はだいぶ減り、コードやACアダプタなどはだいぶ減った。
捨てるか残すか迷う程度の書類はほとんどデータ化してEvernote行き。

後は電源関係なんよなー。なんでも充電ができるマットが出たら間違いなく揃える。コードで残っているのはUSB給電に差し替えられないACアダプターくらいだしなぁ。

とにかく、家のスピーカーがアップデートしたことで、これからの音との付き合いを少し変えていければと思っています。休日用の音楽などを仕入れて、ゆっくり本を読んだりくつろげる環境を作れたらいいなぁ。

読書人Lv1。

これは「本を読む人」のための本である。---ラジオ・テレビの発達したマス・メディア時代の今日であるが、このような習慣のある人たちこそ、本当の読書家と呼ぶにふさわしい。---読書は、最近、昔ほど重視されないようだ。---われわれ現代人は情報の洪水の中でかえって物事の正しい姿が見えなくなってしまっている。---

という序文から始まるのが、

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10/09)
J・モーティマー・アドラー、V・チャールズ・ドーレン 他

商品詳細を見る

です。刊行1940年。
っておいおい半世紀以上も前の話ですか。
こうやって考えると、「本を読まない」若者レッテルを貼っている人たちも、「お前らは本を読まない」って言われている」元若者になるので、最近の若いもんは理論の一つかもしれないなぁと思いました。

いやいや、むしろ最近の若いもんはでもないかもしれない。読書する人の「みんな本を読んでない」のみんなには少なからず自分も含まれているのかもと思う。
現在本を読んでいない若者に対してではなく、当時本を読みきれなかった若い自分を投影しての発言かもしれない。
そうなると本当に足りないのは、読書をする習慣とは違うのではないのか。読書をしなければいけないという切迫感、自分の知が他人に比べて課題に対して不足しているという、欠乏感、飢餓感が足りないのか。

書籍自体は読了していないけど、結構難しい。
書籍の内容が、咀嚼しながら進めないとわからなくなる類だし、一つ一つの内容が濃い。
本を読む本では本の読み方を「初級読書」「分析読書」「シントピカル読書」と定めて深くなっていく。ここまで深く読むに値する書籍はそうそうないのでは。ここまで深く読める書籍に出会っていない、僕はまだまだ読書人初級なのです。


プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。