スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/29 市況雑感。

米国株式相場は上昇。ダウ平均は23.61ドル高の13005.12、ナスダックは20.60ポイント高の2986.76で取引を終了した。7時02分配信 フィスコ


年初からほとんど途切れず、上げ相場だったようです。
昨年末の悲観論はどこへいったやら、、、年初の経済アンケートとかで、「円高は70円前半まで進行」とか「日本株は8,000円台へ」みたいな話が出ていたのが懐かしい。。。
今日は流れを変えた、欧州中央銀行(ECB)の第2次長期資金供給オペ(LTRO)があるからそれがどう評価されるか。
昨年「なんでも悪いふうに捉える」相場が、今年は「なんでも良いふうに捉える」相場になっている雰囲気がVIX指数からも見えるから、はてさて。
スポンサーサイト

OS X Mountain Lion。

端末の未来ってのは多分こういう形で見えてくるのではないんだろうか。

普段からスマートフォンを使っていると、モバイルという言葉は、外出先で、いつでもどこでも通話やデータ通信を使っていろいろなことができる、という定義でほぼ全てを言い当てているように思っていた。しかし米国にやってきて自分のスマートフォンを持ち、環境を日本国内にいたときと同じように復元した時、復元されたのはスマートフォンの環境とともに付随してくる自分のコミュニケーションや、それを含むアイデンティティのようなものではないか。(海外引越でiPhoneを契約して「モバイル」のもう1つの本質を知る


Apple製品を使っている身として思うのは、Appleは根本的にはユーザを捨てない努力をしていること。
最初は、Appleの製品の概念(itunes(ゆくゆくはiCloudか?)が母艦で、そのデータを活用する場所がipodであり、ipadであり、iPhoneであること)がわからず苦労したけど、一度理解すると、なるほど確かに便利にできていると思う。

iPhoneユーザーは端末の切り替えの時にデータ移行に悩まなくていい。これはユーザにとってすごい利点で、僕はipadとtouchユーザーだけど、スマートフォン買うならiPhone一択しかない状況。今の活用状況をAndroidOSで再現するのに時間がかかるだろうから。
スマートフォンになって、ますますPCとモバイルの垣根がなくなって、情報を蓄積する手段、表現できる方法が広がると、ユーザーが作ったデータ(写真やドキュメント)を永続的に残せることとどの端末でも使えることがすごい重要になると思う。そうなると使われるデータ形式は、汎用性があるデータになって、つまり、jpgやtxtやcsvがますます重宝されていくのでしょう。僕は蓄積された情報は検索できることが必須なので、原則レジュメはevernoteのノートで作っているのですが。

オフィスワーカーたちは突然、もうOfficeは要らないことに、気づいたのだ。今や必要なのは、メールとNotepadとDropbox的なものだけだ。Officeの文書はどんな製品の上でも開けるし、テキストのエディットもどんなタブレットでもできる。iPadなら、まともなワープロが9ドル99セントで手に入る。つまり、もうOfficeの出番がない。(いよいよMicrosoft Office離れが始まった–タブレットが紙+プリンタを駆逐


僕は、メールはgmail、notepadはEvernote、ファイル保存と端末をまたいだ共有はDropboxで、写真はpicasaにバックアップと運用しだして、パソコンの切り替えがすごい楽になった。

そのうち、作成する端末という意識はなくなって、どこでもどの端末でもデータの作成修正ができることがスタンダードになるんでしょうね。紙のノートに「名前をつけて保存」の概念がないように、データを保存するという行為自体が徐々に廃れていくのだとも思う。
そんなわけで、OS X Mountain Lionはすごい面白そう。OSの可能性をみるために、使ってみたい。

Evernoteノート総数1万超え。使い方まとめ2(タグ)。

前回のノートに引き続き、タグの備忘録。
使い出したのが2009年からだから、当然2009年以降の記録になるのですが、もっともっと早くからやっていれば、もっと面白い第二の脳になっていたんだろうなぁと思います。これが、10年20年続いた時にどうなるのか、考えると楽しみです。

タグ
考え方:GTDでいう、プロジェクト毎にタグを作成してます。タグは複層が可能だが、理解が難しくなるので、極力複層は避けて設計。最小単位のプロジェクトが「今日の会議のレジュメ、議事録」レベル。タグは原則「日付-内容」にしていて、こうすることで、並べた時に時系列で確認することができて大変便利。google日本語入力は「今日」とか「昨日」「月曜日」とか変換するとその日付を表示してくれる(2012/02/12みたいに)なので、このルールのタグ付け時に大変便利。
evernotetag

各タグの役割
進行中プロジェクト:まさに今やっていること、をまとめたタグを管理するタグ。ノートブックの「次にやる」に入っているノートに付けられているタグになる。ここでやり終わったプロジェクトが、完了プロジェクトに保存される。
検討・継続プロジェクト:今日明日ですることではないが、いつか発生するプロジェクトや継続して取り組んでいるプロジェクトを管理しているタグ。ここのおかげで「これ半年後の企画で覚えとく必要があるんだが、、」も躊躇なくプロジェクトタグを作成して、覚えておくことができました。
ストック:知識的なタグの管理にしようと思ったけど、タグの検索ができるので、使っていない。
完了プロジェクト:終わったプロジェクトタグはとりあえずここ。日付をタグの頭につけておくと時系列に並びます。1年間継続して使うと、このタグが宝物に見えてます。業務的に1年を周期に動くことが多いので、すぐに「昨年は一昨年はどうだった」が出てくるのがすごい有難い。
他のタグ:使ってない。evernoteの検索能力精度が相当向上しているのと「とりあえずノートに検索されうるキーワードを打ち込みまくって検索で困らないようにしよう」を実施しているため、ほとんど死蔵タグ一覧に。そうだったなぁ。昔は日本語入力が弱かったから、タグで管理しないとやっとれんかったんよなぁ。

2012/02/04 市況雑感。

この日に労働省が発表した1月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数が24万3000人増と、市場予想の15万人増を上回り、9カ月ぶりの高い伸びとなった。また失業率は8.3%と、前月の8.5%から改善し、約3年ぶりの低水準となった。9時19分配信 ロイター


雇用統計の予想以上の改善が、ポジティブサプライズになり、欧米株価指数が軒並み向上。

ナスダック総合指数が過去11年の最高値を更新 幅広い銘柄が相場の上昇を支えている(via Market Hack)


1月雇用統計ポイント~民間主導の雇用回復が一段と鮮明に(via 金融市場Watch Weblog)


欧州は相変わらずギリシャが週内に合意を数週間繰り返している状態なので、ポジティブな動意はほとんどアメリカ発に。中国の指標も良いみたいだし。徐々にリスクオンが加速するのか。

Evernoteノート総数1万超え。使い方まとめ1(ノート)。

2009年11月から使用を開始して、2年とちょっと。ようやくEvernoteの総ノート数が1万件を突破。
パソコンでの制作物、デジカメ、WEBや公私を問わず毎日の行動まですべて詰め込んでいるので、このサービスがない生活ってやつはすでに考えられない状態に。
2009年当初はまだ日本語版がなくて、ソフト的にも不十分だったけど、書店でWEBで会話でEvernoteの話が聞こえるくらい認知されて来たんだなぁと感慨深いです。
2010年くらいに、自分なりの使い方が見え、そこから便利さが一気に広がった記憶があります。
クラウドって言葉は、市民権を得つつあるので、殊更いうのは恥ずかしい感じですが、改めて、自分の環境を整理してみようと思っています。ノート・タグ・連携しているサービスやガジェット・使い方や考え方、みたいなテーマかな、と思います。まずはノートブックから。


ノートブック
考え方:GTD(Getting Things Done)、押し出しファイリング・ポケット1つの原則(via「超」整理法)
ノートブックは、GTDのルールに従って場所わけ。なのでノート単体はノートブックをよく移動します。最終処理場が、【留】ノートブック群で、WEBから・私的な・公的なに大きく分けています。後は写真も全部Evernoteに集約しているので、それも写真ノートブックに保存。各ノートのプロジェクトはなんなのか?をタブで管理。頭に数字をつけているのは、数字をつけると昇順に並べることができるので、数字に深い意味はないです。

notebook

各ノートの役割
@inbox:とりあえず、新規ノートは全てここ。その後、ストックするノートか、行動が求められるノートかなど分類する。
いつかするリスト:次に行動を求められないけど、いつかしたいこと。大体私的なことが貯まっていく…。
【留】●●ストック:行動が終了したものはここ。ノートの特性により、3つに分けて保存。
参考資料・タイムライン:滅多に使わないけど、たまに使うノートとかを入れているけどほとんど使っていない。日本語検索が優秀になったからなぁ。
次にやる、連絡待ち、今日はここまで!:ここが僕のEvernoteの要。ここの情報が飛ぶと、次何していいかわからなくなる。毎日、「次にやる」ノートブックを1つずつ片付ける→今日できることが終わったら「今日はここまで!」ノートブックに移動させる。1日のはじめは「今日はここまで!」のノートを全て「次にやる」ノートブックに移動させ、順次片付ける。「いつかやりたいけど取り掛かれない」死蔵タスクが幾つか眠っているのが非常に辛い。
完了タスク:特にストックに入れる必要もないくらいの単体タスクの墓場。タスク思いついた時に、メールとかでEvernoteに飛ばしたり、写真撮って画像で覚えたりしているから、そういった類のノートが多い。
写真系:写真でわざわざ公私ノートブックに入れる必要もない写真はここに。デジカメのSDカードは、無線通信ができるeye-fiを使っていて、撮影した写真は全てEvernoteに蓄積されるので、ここも結構ノート数が多い。でも見返すことは少ない。
所有物:名刺はスキャナで取り込んでいる。OCRがかかっているので、名刺の検索がすごい楽。ノートに訪問履歴とかの情報を載せておくと、前にいつなんの用事であったかもわかるので、ここは意外と重宝している。

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。