スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスコ探偵水曜日再読了。


ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)
(2011/01)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


再読したら、感想を書きたくなる。まぁ1,457ページの小説を頭の中だけで咀嚼することが出来ずに、文章を書くことでまとめようとしている所作なのです。

「この世の出来事は全部運命と意志の相互作用で生まれるんだって、知ってる?」
ミステリから哲学に、推理モノから時間と空間を超えた物語に。舞城王太郎が伝えたいことを伝えたい方法で伝えると多分こうなるんだろうなぁと思った。

迷子探しの探偵、ディスコ・ウェンズデイ=ウィリアム・イーディ=踊場水太郎。
JDCライクな名探偵たちによる推理合戦、タイムスリップ、北欧神話やカバラ・タロットの見立て殺人、ロボトミー手術、宇宙論から何から何までいろんなガジェットを盛り込んで物語は進んでいく。
劇中では人から発現される「意識」や「知」は時間や空間などの次元よりも上位に存在し、故に人は意思を持てば時間や空間を超越できる。「意識」は肉体に宿るものではなく、「意識」として存在しうるので、他の肉体や人以外の何かにも宿ることができる。
愛る者達を守る意思は何より強く、ディスコは守るために時空を超えて奔走する。

いろんなガジェットがあるけど、それでもやっぱりディスコ・ウェンズデイ=踊場水太郎(そしておそらく舞城王太郎)が伝えたい事は冒頭の「この世の出来事は運命と意思の相互作用で生まれ、一人ひとりが意思を持つことで世界を変えていける」っていうそれだけ抜き出すとなんか別の話になりそうな事。そのためにディスコは世界を駆け巡り奮闘している。ディスコが助けたいのは目の前の人だけじゃなくて、人類全体で、ディスコを動かしているのは人としての使命感で、ではここでいうディスコに影響を与えている意思ってやつは個々人によるものではなく、人全体の意思かもしれなくて、んじゃ個人の意思と全体の意思とは一体どこまでが個人の意思でどこまでが全体の意思なのか。自分の意思は他人を変えるがではその自分は意思は誰から与えられた意思なのか。そんな堂々巡りにもディスコ=舞城なりの答えがあり、はっとさせられたりする。

舞城王太郎はそーゆーストレートなことを、小説・言葉を武器にして、結構暴力的な武器にして伝えることができる作家だと思う。

舞城王太郎の小説を読むと、ああこうやって日本語って使えるんだ、こうやって伝えることもできるんだと感動してしまう。同じ日本語を使っているはずなのに、舞城の文章は踊るし殴る。けど伝えたい事は伝わる。どうやったらこんな文章をかけるんだろう。

次はビッチマグネットを読むんだ、、、。いつ読むんだろう。
スポンサーサイト

机購入検討。。。

机を家に入れてもいいかなぁって思いだした。
最近朝早く起きるのはいいんだが、本を読もうとこたつに入って結局寝転がってうとうとして気がつけば1時間経っているってことを数カ月繰り返すと「まずこたつ」って環境と習慣をなくしたほうがいいのかなぁと。
朝ごはん・朝起きるとか当たり前の事から、資格の勉強とかまで、基本は全部習慣をどうつけるかだと思う。自分は一ヶ月続けられるかが、習慣になるか一時的なことで終わるのかの分水嶺やと思います。
習慣っていうと仕事もそうで、仕事する前は、「毎日、決められた場所に行くとかできるのか、、、」とか思うのは常だと思うけど、実際に社会人生活すると、体ってのは慣れるもんなんだなぁと感じています。習って慣れるで習慣。よくできてる文字よなぁ。
日常生活は、「色んなイレギュラーをレギュラーにする」行為で、それは今やっている事を続けるためにも、今後やりたい事をやっている事に変えるためにも大切なことだなぁと思っています。
なかなか習慣にならないのが、ブログなど文章を書くことや、勉強なので、そこらへんを机を入れて形から改善できればなぁと思っています。あんまり荷物増えるの好きじゃないんだけど。
最近の習慣が、家に帰ってこたつで寝る、朝起きてこたつに入って寝る、なので、そこは変えんといかんよな、、、うん、、、。

iPhoneおすすめ家計簿アプリ。

iPod touchを使い出して3年以上経つと、必須アプリってのもだいぶ絞られてくるわけです。
ライフログが面白そうと思ってから、いろんなものを記録(レコーディング)してみてどうなるのかを試しているけど続いているのが、家計簿と体重。睡眠時間と食事記録は手間の割に活用用途が自分の中で見つけきれず数ヶ月でやめました。

今も使っている家計簿アプリは、CashFlowと言うアプリ。無料アプリだけど、有料版を購入してしまうくらい利用しています。

CashFlow は、iOS / Android 用のシンプルな資産管理アプリケーションです。 家計簿として日々の支出を管理したり、銀行口座や クレジットカードなどの複数の資産を管理したりできます。(CashFlow情報より)


僕の稚拙な管理レベルでおおよそやりたいことがほとんどできる仕様になっていて、本当に重宝しています。

月別年別など期間の集計が見れる:毎月毎年使うお金って大体決まっているので、使いすぎとか使ってなさすぎとかがすぐに確認できます。
残高調整機能がある:僕は原則1円単位であわせているけど、絶対に誤差はでるのでこの機能は便利。
dropboxと連携してバックアップ・レストアができる:これが一番重要かも。バックアップの手間がほぼないので、安心して管理を任せられてます。

モバイル端末の利点「使ったその場で入力がする」は頻繁に出入りするお金の管理とはすごい相性がいいです。習慣さえ付けば、自分の資産を1円単位で把握することも可能。お小遣い帳から資産管理まで個人レベルなら十分対応できると思います。

iPhone(もしくはiOS)の強みは、僕にとっては主にアプリ。「持ち歩く端末でしたいことができる」iOSのアプリ充実度はAndroidへの移行を考える際の大きな障害になると思う。パソコンのWin-Mac間の一般ユーザレベルの垣根はOfficeを除きだいぶ低くなったと思うけど、逆にiOS-Android間の垣根は高くなっているのではないかと思うわけです。

iPod touchを使おうと思った時に、活用の指針考え方は、この本に完全に任せた状態。

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)
(2009/10/21)
堀 正岳、佐々木 正悟 他

商品詳細を見る


ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)
(2010/01)
ゴードン ベル、ジム ゲメル 他

商品詳細を見る

モバイル端末を電話の延長じゃなくて、新しいデバイスとして日々の生活の中にどう組み込むと、今まで出来なかったことができるか、を考えるのは結構楽しくて、そういうのが実現できると来てるな未来って思うわけです。
プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。