スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モモ」読了。


モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))
(2005/06/16)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る

最近、資格の勉強などで知識をつける文章しか触れていなかったので、純粋に物語を読みたいと思い、以前から再読したかったモモを読んだ。読み進んで行くとなんとなく思い出せるから、どこかで一度通しで読んだんだと思う。初読は国語の教科書。部分的にはマイスター・ホラのなぞなぞの一節。
国語の教科書って今から考えても、印象に残っている話が多いよなと思う。スイミーとかやまなし、ごんぎつねは教科書に載っているなら、共通の会話にもなると思うのですが、どうでしょうかね。これだけ印象に残るということはイメージが浮かびやすい物語として、個々人の感受性に訴えかけられる物語として優秀なんでしょうね。国語の教科書はたまに読み返したくなるしね。
閑話休題。
モモは突然ある町にきた、身寄りがない少女。彼女はそこにいるだけで周りにいい影響を及ぼすというタイプの少女。相手の話を傾聴することが、他の誰よりも上手にでき、モモと話すと誰でも自分で間違いに気づいたりいい解決策が思いついたりします。モモと遊ぶと子どもたちは新しい遊び方を次々を考えることができます。そんなモモがいる町に、灰色の男たちが現れます。彼らは時間銀行に勤める外交員で、町の人を言葉巧みにたぶらかして、その人が持つ時間を奪おうとします。それに気づいたモモがとった行動は、、。
という話ですが、一番印象に残ったのは時間泥棒が町の人の時間を奪うための商談でした。時間銀行との契約は口頭で終わり、商談した人は商談があった事すら忘れます。でもその時の誓約は心の中に残っていて、どんどん時間を切り詰めて生きるようになります。
僕は時間泥棒の契約は呪いだし宿痾の類だと考えてます。一度心に刻まれることで、逃れられないに行動を縛ることができてしまう。そういう類の商談だったと思います。恐ろしいのはその行動が当たり前になってしまうと呪いから、前提に変わってしまうことだと思いました。世の中いろんな前提や建前で動いているけど、その中にも呪いから出てきた定着してしまったことがあるのかもしれないな、と時間泥棒のやりとりを読んでいて思いました。
実はエンデが物語を通して伝えたかったのは、利子が利子を生む金融システムに対する懐疑だそうです。恐らく日本での捉えられ方は違うと思うけど、そういった色んな視点で論ずることができるのも良い物語なんだと思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。