スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いただきます」って言えてます?

「いただきます」って言ってますか?

って話があるみたいですよ。
簡単にまとめるとこんな感じ?

■言うよ派
・常識として、いただきますくらい言うだろう
・命をいただいているんです
・作ってくれた人ありがとう

■言わない派
・宗教の押し付けですよ。信仰の自由はどうした!
・金払っているのになんで感謝せなあかんねん

犬は当然として、言う派です。なんでかなぁと理由を考えると、
とゆーか考えるまでもないんだが、もの食べれることに感謝してる
からです。当然習慣もあるけどね。
毎日ものをいただく度に感謝で胸が一杯ですなんてないっすよ。

まね、この例を一つ取っても思うところが山のようにあるんだが、
(・んじゃ宗教って何よ?普段意識してんの?・ものを食べさせて
もらうのはサービスですか。金さえ払えばもらえるものなんですか。
etc)

その中で思うところは、「その生き方ってしんどくない?」

僕の中で「いただきます」は改めて確認するまでもなく、挨拶です。
「おはよーさん」と「こんばんは」と同位置。
挨拶って意識がいるんかい?いや、そら気持ちの良い挨拶とかってのは
あるけど、挨拶をするという行為自体を、その根元の段階から意識を
していかなきゃ挨拶はできないんですか。そんなに難しいですか。

日本は仏教国です。僕は浅学なもんで、よく知らんけどそういうこと
です。
けど、原点は多神教よね。八百万の神様がいたところに当時の主流
だった仏様が入って来て、国威発揚のために、仏教を取り入れ、
神教を捨てる政策だった当時の風潮の中、当時の人は神様仏様を
一緒に取り入れて信仰することを選んだから、ここには仏様もいるし
八百万の神様もいる、特殊な信仰になったんよね。

そーゆーことで、日本の信仰は全然世界とは違うんですよ。
唯一神に裁かれることも、信仰を怠ることで地獄に行くことも
ないんですよ。

・・・と話が逸れかけた。
つまり、「いただきます」は仏様に感謝しているんじゃないんですよ。
目の前にある、食事に。作ってくれた人に感謝しているんですよ。
それは宗教ではなくて信仰なんです。人とものを敬うことです。
天におるかおらんか分からん人にではなく、目の前のものに感謝して
いるんですよ。

お金払ったら、感謝しなくてもいいんですか。
なら、育ててくれた親は自分が生活するための資金を与えてくれた
だけの人ですか。友達の存在意義はないですか。
一人で生きるのってしんどいよ。


ソクラテスの日記には「最近の若い者はなっとらん」って書いていた
らしい。気が遠くなるくらい前の人ですら「なってない」って言われ
ているんだから、僕らが上の人から見たら「なってない」のは
承知しております。
下の子たちを見て「なっとらん」と思うのは年上の驕りだというのも
わかっているつもり。

けどよー。これから先はこんなことも認めていかなきゃならんのか。
それはさすがにないと思う。

「ラブ&ピース」の時代は僕の生まれる前の時代で、
とっくの昔に終わった物語なんだけど。
仮想の敵を自分の周りに作んなくてもいいんじゃねぇかなぁ。

共通概念。暗黙知。そんなものは時代とともに変わっていくってのは
わかっていくつもりだけど。

極端な例を大げさに取り上げているのは承知の上ですよ。
けど思ったことを述べてみましたです。

もういいから皆1度一人旅で北海道に行って来い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。