スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝉の証。

「だけど、ねえ、一年に一度でいい。一分でも、一秒だっていい。自分が死んだあと、生きていた日の自分を生きている誰かに思い出してほしいと願うのは、そんなに贅沢なことなのかい? 死んだ途端に、はい終わりじゃ、だって、あんまりにも寂しいじゃないか」

今日は友達の死んだ日です。
再来週は母さんが死んだ日。

僕は自分が好きな人に対して、
いい影響を与えたい、いい印象を与えたいというのは、
嫌われたくないということと、忘れられたくないと
いうのが大きいと思う。

嫌われるのを過度に嫌うから人を嫌う行為は嫌いだし
嫌いと言う感情を持つ自分が嫌いになったりします。

人に忘られると、人に頼って生きてる僕は、生きること
がしんどくなるので人に忘れられたくないです。

僕は1年に1度は思い出す。
僕を1年に1度は思い出してください。

ここにいる間はついでに連絡も下さいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。