スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和と信頼。

バングラデシュのグラミン銀行と、創立者らしい。

バングラデシュは銀行が融資してもほとんどお金は返ってこない。
だから、誠実な借り手が、利率200%とかわけのわからん利率
を返していくことで経営を成り立たせていたのだが、その図を
変えたみたい。

簡単に言うと「五人組」と「繰り返し囚人のジレンマ」の応用
みたいなんすが、うまく機能したみたい。

混沌とした世界に、一銀行がルールを設定し動かした。
これって結構すごいことじゃないんかなぁ。
自分ルールを受け入れさせたんだから。当然「双方のメリット」
が成り立っているのが大前提なんだけど。

本来なら顔の見えない借り主を選別し、信頼の置ける借り主を
客観的に判断できる体制を作り上げたのは、ほんとに
この国に求められていたことなんだろうなぁ。

自己申告の「信頼できます」なんてあんま信じちゃくれないすよ。
自分の行動と、他人の評価で信頼もらえる自分を作っていかなきゃ。

orz。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。