スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフのなんちゃら。

新訳カラマーゾフの兄弟。読んでます。途中だけど。
ロシア文学は冗長とはまさにその通り。
なんとなくで読み出したけど、残り3巻+別冊があるのか・・・。
挫折しそう。罪と罰にしときゃよかった。

カラマーゾフの兄弟を読んでいると、読書って人括りにしても
色々な視点があるのだなぁと感じる。
物語を楽しむことを主軸の読書と、
本をきっかけに考えることが主軸の読書。

カラマーゾフは僕の中では明らかに後者。
よっぽどテンション高くないと、もしくは読み取る気がないと
つらいつらい。

とゆーことで年末正月かけて色々考えます。
積み本も3冊くらいあることだしね。

話は戻るとして、思考する本の最終最後、あるいは起源は
宗教を語るになるんだろうなぁ。
色々な解釈を持って人の源泉を探す。

カラマーゾフに限らず、本から得た知識・もしくは思考を他人と
交流してこそ、思考する読書の最終版が得られると思う。

友達いないけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

罪と罰も相当冗長な気が……

罪と罰はなぜか高校あたりに地元の図書館にあった字が小さい&分厚いのを呼んだ覚えがあります……
読みきりはしましたけど……
その図書館に一緒においてあった手塚治虫版の罪と罰の内容しか覚えていないです……
今読んだらまた別なんでしょうけど、当時の自分には処理と消化がしきれなかったです。
個人的にはロシア文学はトルストイのイワンの馬鹿とかあたりが読み安く土臭いところも好きでした。

>ぞう
正月で読みきった。
新訳はよかったよ。つか最終巻の訳者解説がありがたかった。
一人で読んで振り返るよりはガイドを元に読み返したほうが面白くなるね。確かに。
カラマーゾフは面白かったですよ。
多分後3回くらい読み返したら、もっともっと面白くなる予感はある。
いつ読むかはわからんけど。
プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。