スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCSSプログラム。

PCSSの?年過程の軟禁制度。
募集要項には「一切の特典なし。将来の保証もしない。死して屍拾う者なし。
得られるのは確かに知的好奇心を満足させうる環境のみ」と記載されているにも
かかわらず、大学中から知的エリート候補生(自称)が集まってくる。

選抜試験はWord・Excel・PowerPointが必須な上に異様に厳しく、
合格するだけでも至難の業。

たとえ合格してプログラムに参加できても、一年おきの進級試験に通らないと
強制退学させられる。
この進級試験が難問揃いでMOS900点以上をを1時間以内に取らなければならないのだが
1分1問で解けないような代物ばかり。中には絶対に解けないだろう難易度Sランクの問題が
1問あり、これに正答すれば例外的に進級が許される。

ただしあきひとは見抜いて間違った回答をしていたが進級している(神様談)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。