スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物差すことば。

文章をかくという作業は、とりもなおさず自分と自分をとりまく
事物との距離を確認するものである。必要なのは感性ではなく、
ものさしだ。(via:風の歌を聴け)

高校生から日記を書き出して、今に至る。
高校生のころは文章・長文と言えば、日記位だったと考えると
今は仕事で文章を毎日書くし、こうやってブログもする、メールも
すればTwitterまでと思うと、紡ぐ機会は偉い増えたなぁと思う。

ブログに関して数年前から続けているけど、昔に比べて、出来事を書くことが
すごい減った。仕事をしている関係で、「後から誰に見られても後ろめたくない」
文章を書く必要がありつつ印象に残った出来事を書くってのが難しかったりする。
そういう意味では公開しない、高校生の紙の日記の方がよっぽど個人の話だった
と思う。読み返したいかって言われると、未来の自分向けでもなかったので
あまり読み返したいとも思わないけど。

ブログは他の人にも見せるってのはあるけど、なにより後の自分が
見られる文章にしているってのはあるかもしれないなぁ。

文章を書くと、出てきた文章と内面で考えたこととの違和感を確認できる。
この違和感がものさし片手に測ってみた、事物との距離なのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。