スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終りと。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド読了。
もう何回読んだか忘れるくらい読んでます。

物語としての村上春樹の小説の中で一番好きな小説。
この小説は「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」の2つの物語がお互い関係を持ちながら平行に進んでいきます。

「ハードボイルド・ワンダーランド」の「僕」の世界は終わっていき、「世界の終り」の「僕」の世界は終りから始まる。

「世界の終り」の世界を読むと、病院の庭とか、北海道の牧草地とか子供時代とかを思い出す。
関連は「そこ」には「その意味」しかないってことだと思う。
病院の庭は誰のものでもなくだた「庭」ではあるだけ。母親が入院をよくしていたので、見舞いに行くことが多かったから記憶に残っている。病人は指定された時間しか入れない。誰かの所有物ではない。退院すると訪れることもない。個人で家庭菜園や好きな花を植えるなどできない。ただ病院の庭は一般的な「庭」であるだけ。
北海道の牧草地や子ども時代などは、自分の過去の記憶で、変わらない風景として固定され、その固定ぐあいが「世界の終り」を思い出してしまう。

始まりもなく、終わりもなく、繰り返される世界。
「世界の終り」では労働や行動にはその行為以上の意味はなく、労働は純粋に労働のための労働であり、行動は純粋のその行動の意味しかもたない。付加価値とか貸し借りとか影響とかが存在しないのが終わりの世界。

誰かの行動が誰かの世界に影響を与えているから、今僕がいる世界は終り足り得ないのか。
自分が誰にも影響を与えず、誰からも影響を受けなくなった時に、自分の世界は終わって、それはとても怖いことだ。だから「ダンス・ダンス・ダンス」の「僕」のように、とにかく踊り続けるしかないんだろう。
「音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言っていることはわかるかい?踊るんだ。踊り続けるんだ。なぜ踊るかなんて考えちゃいけない。意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。