スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ北海道、行こう。その11。

2年ぶりに北海道の旅の記録更新w
まぁ夏が近づくと北海道に行きたくなるわけで、いけないフラストレーションを文章で昇華させているわけです。
昔、少しだけ住んでいた北見を訪ね、旅の一番目の目的は果たされた。次は母と弟と一緒にまわった土地を巡ります。

子どものころ行った北海道の場所で、一番印象に残っている場所。美幌峠。
bihoro

草の海と澄んだ湖。自分が住んでいる場所は、住宅地で山なので、今まで見たことがない景色だった。
今回10年ぶりくらいに訪れたけど、何も変わっていなかった。美幌峠は文字通り峠なので、原付で結構頑張って登っていきます。登って行くと急に目の前が開けて見える、昔見た景色。柵を乗り越えて先が見えるのも昔と一緒。
日本には色んな神様がいらっしゃるが、ここにも多分神様がいるんだろうなぁ。
僕はスーパーカブでテント道具一式積んで、のんびりのんびり走る旅だったので、道路一本にしても色んな記憶があります。道にリスやシカがいるのは驚いた。それ以上に驚いたのは、行き交う人との交流。日本では北海道だけ(だと思う。四国九州ではなかった)の旅人との交流で、すれ違う際にお互い手を振り合ったり、ピースをしたりで旅人同士やりとりをした。はじめはすっごい違和感だったけど、北海道の夏はそういう土地なんだよな。
誰かが「旅人王国」と名付けていたけどほんとにその通りだと思った。
今年の夏もそういう北海道であって欲しいと思っています。北海道は僕の聖地です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。