スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のトトロ。

舞城王太郎 「スクールアタック・シンドローム」収録「我が家のトトロ」より
---
あとどれくらいかは、お父さんにも判んないよ。
千秋。レスカもそうだけど、動物だけじゃなくて、お父さんもお母さんも、千秋も、他の人も、皆寿命はあるよね。でも、普段千秋は、お父さんやお母さんや千秋がいつ死んじゃうかなんて考えないでしよ?…だよね。それでいいんだよ。今自分が生きているってことが大事なんだから、その今、今、今を、ちゃんと楽しくやっていればいいんだよ。今だけ楽しければいいって言ってるんじゃないんだよ。今、今、今、の後に来る、夕方、夜、明日の朝、明後日の朝、次の朝、その後の夜、その一ヵ月後、来年、再来年のことも考えなくちゃいけないよ。でも、今ちゃんと生きることを考えて、そのまま明日、明後日のことを考えていたら、いつか死んじゃうなんてこと自然と考えないだろ?…ね?それでいいんだよ。大事なのは今をちゃんと生きることと、その次のことをしっかり考えること、そうしてれば、いつか誰かが死んじゃうなんてこと、考えなくても問題ないからね。そんなことは考えても仕方のないことなんだよ。だからさ、とにかく千秋は今、レスカとちゃんと遊んでればいいんだよ。
---
物語ってやつは言い難いことを伝える力があるなぁ。と舞城王太郎の小説を読むといつも思う。
色んな事について、シンプルであること、簡単であることが強調されていて、それは悪いことではなくて良いことでもあるのだけれど、長い話を物語らないと伝えられないこともある。解釈をそれぞれに委ねることでしか伝えられないこともある。

そんな色々を飲み込みながら自分にとって「正しい」ことを目指して生きていけば、いいことがあるのかなぁ。

とにかく今だ。今、今、今。そしてその次。その次の次。次の次の次の次。次の次の次の次の…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。