スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍は書店陳列の夢を見るか?

本好きとしては書籍に貴賤はなくただ、見せ方が違うだけだと思っています。
ハードカバーと文庫版の延長に電子版がある以上のイメージはないかなぁ。
なので、現状の紙vs電子書籍の構図はすごい違和感。
本は、本(紙・データ)を読む人、読まない人の二分しかないと思っているのです。「おお、字統が電子書籍化されたか。では読もう」とはならないと思うのです。

紙でもデータでも読みたい立場からみたベストな落とし所は、紙の書籍を購入するとpdfの書籍も購入できる、がいいと思うんだけどなぁ。一冊につき、1ダウンロードのみの権利にすることで(古本ではない)本にプレミアムも付けられるし。

たとえば、書店とかで電子書籍コーナーがあり、紙の書籍が陳列されていて、立ち読みして気に入ったらその場で電子書籍をクレジットカードで購入、書籍をその場でダウンロードできる、は技術面をクリアすれば現実解としてかなり有効だと思うのだが、どうなんだろう。

紙の書籍と電子書籍と読みやすく、一覧性があり、記憶に残るのは絶対に紙。読むべきものとしてプレッシャーをかけられるのも紙なので、紙の書籍はなくらないと思う(なくならないで欲しい)。
ではデータ形式は須らくだめか、といえば、持ち運びが容易であったり検索ができることは素晴らしい点だと思う。今の僕のレベルでも「あれ、、、この単語の引用なんだったっけ?どっかで聞いたんだけど、、、」はWindowsサーチとかで検索すると該当の書籍をヒットさせられる。これは色々他人の言葉を借りながら文章作っている身としては大変便利。

それぞれに長所があるのだから、補いあえる展開方法を考えるのが、どちらかが駆逐されてしまう未来よりよほど将来の本を読む人が広がると思う。そうあって本を読む機会、本を読む人が増えてくれれば、本が好きな人として嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。