スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/01/06 市況雑感。

今晩のNY為替の読み筋=米雇用統計が焦点、高まる市場の期待に「ネガティブ・サプライズ」を警戒(1月6日(金)18時26分配信 モーニングスター


アメリカ雇用統計次第と言われ、

欧州株式中盤=上昇、米雇用統計に強気な見方で(1月6日(金)21時10分配信 サーチナ


欧州では強気でとられ、

<米失業率>0.2ポイント改善 2年10カ月ぶり水準(1月6日(金)23時44分配信 毎日新聞


予想以上の改善はされたけど、

欧州株式終盤=総じて続落、米雇用統計にサプライズなく(1時36分配信 サーチナ


ユーロ景況で続落、

NY株式:ダウ55ドル安、雇用統計は改善も独仏首脳会談を控えて上値が重い(8時27分配信 フィスコ


ついでにダウも続落。

こう見ると、予想ってものは丁半博打のようなものだと本当に思う。
複雑系だから、「こうなると」→「こうなる」とはいかないものだと実感します。
子どもの頃は「円高」だと続く言葉は「還元」で「円高になって海外の商品が安く仕入れられるから色々安くなるんだよ」と理解だった。円高の捉え方にしても、時期によって違うものですね。ほうっておくとなんでもネガティブサプライズになってしまうので、無理矢理でもポジティブサプライズに変えてしまえる仕組みがあるといいのですが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。