スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ北海道、行こう。番外2。原付一人旅、準備物。

cub


原付で北海道に旅に出る時、行動として悩むのが「何を持っていけばいいのだろう」でした。
一度旅をして要不要がわかると、準備する物のコツもわかり出した。

基本は、衣住+バイク(原付)、足回り工具を持ち歩く。

食べ物は北海道に住んでいる人がいて、生活があるから特に気にしなくてよかった。どこの食べ物も美味しいし。では生活の必須の衣食住から食を抜いて何が必要か、と考えると荷物が相当すっきりした。

住(足)
□原付(スーパーカブ50cc)、フロントキャリア、リアキャリア、ベトナムキャリア
原付旅行でスーパーカブはオススメできます。積載量が大きい+燃費がいい+頑丈(らしい)のでまず間違いないです。
原付の中では自転車に近い構造をしていてタイヤ径も大きいので、泥に捕まったりしても切り返しができるのも結構重要でした。物を積むと慣性力の付き方が普段乗車時と全然違うので、慣れておくべき。普段の感覚だと、きつめのカーブで曲がり切れなくなります。
□テント、寝袋、銀マット
□ゴムネット、ゴムひも(荷物を縛る)
□洗面具
□懐中電灯
□スパナなど修理道具
□チャーンクリーナー、ルブ
□パンク修理剤、空気入れ
チェーンを締めたり、油はさせるようになる必要がある。


□着替え5日分くらい
古いのを持って行って順次捨てる
□サンダル
温泉にちょっと行く時とか便利
□軍手
□合羽
5,000円くらいはする、それなりの普通の合羽が必要。蒸れにくいものが必須。防寒着にもなる。
□トレーナー
パジャマ兼防寒着
□洗剤
(現地で調達できたので)あんまり使わなかったけど。小袋があれば便利。


□カメラ
□携帯電話
□ツーリングマップル
□薬、保険証
□ビニール袋
□音楽

他に必要なものがあったら現地調達です。北海道にはセイコーマートがあるのでなんとでもなります。
行ったのは3回行ったけど、毎回荷物が減っていきました。2回目の旅は、一回目の3分の2くらいの積載量でした。いらないものは削ることも大切だと思いました。
自炊用具はいらない(セイコーマートや、店がある)。
スピードと長い走行距離はいらない。
一日100km~150kmくらいの走行距離だけど、景色をみて、人とあってしていると体力的にもここが限界かなぁと思いました。朝起きて、地図をみて、大体100km圏内で面白そうな所と、宿泊する予定のキャンプ(ライダーハウス)の目処をつけ、出発する。「次どこいこう」をフリーハンドで考えられる経験を僕は北海道で初めてして、朝テントを片付けながら旅人と話ながら次行く場所を決める行為はとても楽しかったことを覚えています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。