スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学と平和。


牛 築路 (岩波現代文庫)牛 築路 (岩波現代文庫)
(2011/02/17)
莫 言

商品詳細を見る


とゆーことで、ノーベル文学賞の莫言氏の初期の著作です。短編2本。
ノーベル文学賞は村上春樹が毎年候補に上がるけど受賞はできず、という状況が続いています。
村上春樹の小説をよく読むこともあり、ノーベル文学賞の動向はそれなりに興味があって、では文学賞の作品・著者とはどういう文体を持ち、テーマを持っているのか興味があって読みました。

「『ダンス・ダンス・ダンス』時期の村上春樹」というのが読書後の感想。
小説の舞台としては、文革期の農村の生活や文化を書いた小説です。受賞の記事などでは反体制とか言われている部分もあるけど、あまりそうは感じなかった。「当時、支配していた空気がどんなだったのか、当時の空気は今の時代にどのような影響を及ぼしているのか」を伝えるため、フィクションを交えることでより当時の空気を強調させているようだった。「これを伝えたい」というよりかは「自分もこれがどういう意味を持つかわからないけど伝えなければいけない」というスタンスの書き方かな、という感じ。
僕は「ダンス・ダンス・ダンス」から「ねじまき鳥クロニクル」までの村上春樹の作品に共通項を感じます。最近の作品はなー伝えたいことが露骨なのか、伝えたい結末を決めて仕上げている雰囲気がして、あまり琴線に触れんのです。

中国のこういう作家が世界の表舞台で注目を浴びるということが、世界の耳目が中国に行くことだし、中国自身も含めて、過去にどういう経緯があって今こうであるのか、を理解したがっている層に向けての発信だと思いました。

文学賞がそういったテーマを発信しているとすると、村上春樹の受賞はまたしばらくお預けかもしれんと思った。それこそ、日本が世界に対して何かでライフスタイルを根本から変えるインパクトを与え、そのインパクトを理解するためのヒントが昭和後期の空気にあれば、それを理解させるフィクションとして受賞はあるとは思うけど、さてさて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。