スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きつねのはなし」読了。


きつねのはなし (新潮文庫)きつねのはなし (新潮文庫)
(2009/06/27)
森見 登美彦

商品詳細を見る


すこしふしぎ系森見登美彦。
京都を舞台にした怪奇譚。それぞれの短編は別の話ですが、古道具店の商品を鍵にして少しずつ短編は繋がっています。「ペンギン・ハイウェイ」や「夜は短し歩けよ乙女」でも思ったけど、森見登美彦はいわゆるマジック・リアリズム、現実とフィクションを混ぜて表現することがうまくて、それが京都っていう町にすごい合っている。少なくとも僕が考える京都ってこういう「すこしふしぎ」な部分がどこかにあって、それが僕が京都が好きな理由の一つだと思います。
物語が全部で4編あるのですが、一番好きな話は表題作の「きつねのはなし」です。西尾維新の「化物語」やネタバレしてない頃の「ひぐらしがなく頃に」にも通じるところがあるのですが、「鬼神は敬して遠ざく」の言葉通りというか、呪いを避けるためには正しい手順を踏まなくてはいけなくて、その踏み方をしらない登場人物が巻き込まれていく系の気持ち悪さが面白いです。「きつねのはなし」の呪いは物々交換。何かを得るためには何かを差し出さなければいけない。気がついたら、差し出すものもないのに大切なものを差し出した主人公は大切なものをどう取り返すのか。

全然書評を関係ないけど、「正しい手順を踏むことが大切だけど自分だけがその踏み方を知らない」って、新しい環境に入った人の第一のストレスだと思う。これ自分が考えている以上に結構大変だから、気にし過ぎないで下さい。なんとかならないものも、なんとかならないなりになんとかなるものらしいです。
少なくとも僕はそう思って今までなんとかやって来ました。一人でのんびり小説とか読んだり、音楽聞いていたり、まさにこうやって文章を作って内省していると、思い出される懐かしい場所とか、懐かしい人とかいるけど、こうやって思い出せることで少しずつ繋がっているんじゃないかなって思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。