スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「立花隆の書棚」読了。


立花隆の書棚立花隆の書棚
(2013/03/08)
立花 隆

商品詳細を見る


「書棚を見ると自分の「メイキング・オブ」が見えてくる。」という帯がついている、分厚い書籍。この本は、ジャーナリストの立花隆さんの書棚を写真で撮影し、その書棚についてインタビューすると言う体の書籍です。一口に書棚、ですが著者は書籍の貯蔵のためにビルを一室借りているので、その蔵書は20万冊程度あるそうです。人間頑張ればそこまで本を読めるのか。

立花隆さんは新書「「知」のソフトウェア」で初めて触れました。何かの紹介で手にとったのですが、文書の整理の仕方やジャーナリストとしての調査の方法、インタビューの際の心構えなどが書かれていました。特にインタビューのアプローチなどは、自分が行う時のヒントになったことで良く覚えています。

著名なジャーナリストでも、情報源の一つとして自分でも手に入れることのできる「書籍」が入っている事が印象的でした。物事を調べる深めることに特別なものだけが必要なわけではなく、市販のものでも興味を持ち、調査することで深められるのだと勇気づけられた様な気がします。

こうした、自分に興味があることを調べてまとめていく、そのための書棚はいつか欲しいなぁと思います。目下テーマがないのが問題なのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。