スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤計劃「The Indifference Engine」読了。


The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
(2012/03/09)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


伊藤計劃の短篇集。未稿の作品も掲載されていたり、「虐殺器官」のプロトタイプが掲載されていたりします。
伊藤計劃らしい話、だとは思ったけど、ちょっと荒削りが過ぎる印象のほうが強かったと思いました。
うーん。作品のプロットは伊藤計劃らしさで練られているんだけどそれで終わり、というイメージ。
「虐殺器官」「ハーモニー」であった物語のカタルシスを抜いて、構成だけで読ませるイメージ。

この短編は、後で発表する作品の経過点だったと感じたので、そういう意味では短編でのプロットだけの話を物語として展開できたのは、伊藤計劃の執筆能力が上がったのか、あくまで短編は短編という位置づけだったのかは、もうわからない部分なのがつくづく残念です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。