スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なまら蝦夷 第3号」読了。


なまら蝦夷 5号なまら蝦夷 5号
(2004/04/20)
なまら蝦夷事務局

商品詳細を見る


amazonに3号の登録がなかったので、5号の画像イメージ。
3号は2000年7月発行。14年前。。14年前か、、、。
懐かしくなって再読。学生時代に北海道一人旅中に北大の生協で購入しました。

サブタイトルは「宿主たちの旅案内」となっています。

北海道は旅人王国と旅人には言われていて、いろんな事が旅人目線でいいように作られていると感じていました。いい所を言い出すと切りがないのだけど、一番は「旅人がいることが土地の一部になっている」ということだと思います。僕は原付で数週間かけてぶらぶら回るスタイルの旅をしていたけど、北海道以外の旅と北海道の旅は全然印象が違います。大きく違うのは旅人の数と層の厚さ、そして設備。
北海道の旅人は、徒歩の人もバイクの人も、自転車の人もいる。どの方法も受け入れられる土地のおおらかさや設備(テントやユースホステル、コンビニや飲食店などの、食住)があるので、単身で乗り込んでも困る事が本当に少ない。旅人の数も多くて、お互い助けあってお互いの旅の無事を祈ることを普通にやっていました。すれ違う旅行者にはピースサインを出すし、旅の情報は旅人から仕入れるのが普通でした。今はネットから情報を仕入れられるのでどうなっているのかわかりませんが、変わらずにあったら嬉しいなぁと思います。

閑話休題。

この本をまとめているのは、以前旅人で好きな土地に居着いて宿を経営している人たちが自分の地域のおすすめを紹介したり、北海道の暮らしを伝えたりしている冊子です。一般的な旅行雑誌と違うのが良い意味で主観にあふれていることと、一般的な旅行先としては到底掲載されていない様な土地の情報が掲載されていることだと思います。
僕は、北海道は自分が心に残ったところが自分の名所となると考えているので、寄稿者からの「私はこの土地が好きだ」と伝わる文章はとても好きです。

僕は2回原付で旅をしているので、なまら蝦夷は2冊持っています(3号と5号)でも好きな冊子は3号です。手書き文章で暖かみがあるのですよね。5号はワープロ文章だったので、5号以降もワープロ文書だと思います。初めて手にとった「なまら蝦夷」が3号だったからかもしれませんけど、僕は3号に愛着があります。

なぜ、手にとったかと言うと、天気が快晴だからです。こういう天気の日はいつも北海道に行きたくなります。行きたくなるんだよなあ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。