スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢木耕太郎「深夜特急」読了。


深夜特急1―香港・マカオ― (新潮文庫)深夜特急1―香港・マカオ― (新潮文庫)
(2012/07/01)
沢木耕太郎

商品詳細を見る


読み終わってしまった。。。深夜特急。
6巻もあることや、あまりノンフィクションの体は好きでないことなどから敬遠していたのですが、試し読みで読んでみたら、読みやすかった事もあり、読みました。

大学時代に読まなくて本当に良かった。読んでいたら、海外に旅に出ていたかもしれない。北海道原付一周を決めさせたのが、ツーリングマップル北海道の巻末付録写真だったから、小説がきっかけになることも十分にあったと思います。ツーリングマップルの巻末写真は「旅人たち」というページで、色んな旅人が写っていて、その中に原付で旅をしている人がいた。「ああ、原付でもやっぱり大丈夫なんだ」と思ったのと、旅をしている人の顔が良かったので、北海道に行くことを決意した。ツーリングマップルの写真じゃなくて、旅行記として深夜特急を読んでいたらと思うと少し怖くなる思いました。いやそうじゃないのか?むしろ読まずに旅に行かなかったことを悔やむべきなのか?

1970年代、著者は「乗合バスでインドのデリーからイギリスのロンドンまで向かう」という無茶な計画を立て出発する。格安航空券を使う中で、香港に行くことができる機会が持て、結果的に香港から旅が始まることに。

6巻かけて、香港からロンドンまで、一年あまりの旅ですが、一年もあると心情も、土地と接する態度も変わって行き、それが丁寧に表現されていると思いました。
この小説は2つの見方ができると思いました。ひとつはアジア〜ヨーロッパにかけての旅行記として、もうひとつは旅程の最中における、旅人の心情の変化です。良く「旅は人生の縮図」と言われていますが、旅をしている最中だから感じられた事が、深夜特急を読んで改めて思い出されました。

ーーー
日がたつにつれて、しだいに身が軽くなっていくように感じられる。言葉をひとつ覚えるだけで、乗物にひとつ乗れるようになるだけで、これほど自由になれるとは思ってもいなかった。(深夜特急1巻)
ーーー
ーーー
私の旅はたぶん青年期を終えつつあるのだ。何を経験しても新鮮で、どんな些細なことでも心を震わせていた時期はすでに終わっていたのだ。(深夜特急5巻)
ーーー

旅行記なので、明確な起承転結があるものもなく、国によって著者のテンションもまちまちですが、それが実に旅らしい。二周目を読中ですが、一生読む本になる感触があります。良い本に巡り合えました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。