スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヒャエル・エンデ「モモ」再読了。


モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))
(2005/06/16)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る


OB会に向かうための、京都から岡山まで鈍行電車の旅で読了。
モモ自体は小学校の教科書で読んだことや、有名な童話だという事もあり、「不思議な少女と時間泥棒とのたたかい」という認識は通しで読む前からもともと持っていましたが、通しで読むとまた色々な部分で考えるところがあるなぁと思いました。
毎回読むごとに、引っかかる部分が違うのも、再読に耐えうる書籍である理由なのかと思いました。
今回印象に残った部分の1つは、序盤のモモの特徴を伝える章の部分です。

小さなモモにできたこと、それは他でもありません、あいての話を聞くことでした。なあんだ、そんなこと、とみなさんは言うでしょうね。話を聞くなんで、だれにだってできるじゃないかって。でもそれはまちがいです。ほんとうに聞くことのできる人は、めったにいないものです。
(略)
モモに話を聞いてもらっていると、どうしてよいかわからずに思いまよっていた人は、きゅうにじぶんの意志がはっきりしてきます。ひっこみじあんの人には、きゅうに目のまえがひらけ、勇気が出てきます。不幸な人、なやみのある人には、希望とあかるさがわいてきます。(略)こういうふうにモモは人の話が聞けたのです!


ああ、これってまさに傾聴のことで、こういう話の聞き方ができるキャリアカウンセラーになりたいと思いました。最近は、そもそも人に話をじっくりする機会、話を聞く機会というものも、日常生活ではほんとに少ないのだと感じています。キャリアカウンセラー的な仕事につかないとそもそも、人の話をまっすぐ聞く機会は得られないのではないのか。そう思うと、モモ的な人は現在では中々生きにくいのではないかとも思いました。

聞き手と話し手は相互関係にはあるけど、聞き手が話し手を求めて彷徨うのは違和感があるし、ましてやキャリアカウンセラーであれば、それは相手の悩みを本人の意志とは関係なく、強制的に引き出してしまうことになりかねないと思うので、それは聞き手として気をつけねばならないと思いました。

閑話休題。

後は、時間泥棒が接触した後の人たちの余裕のなさは、真に迫るものがありました。慌ただしい世の中であることは否定できないし、それを変える事はできないです。時間泥棒はどこにでもいるし、完全に避けることはできないけど、そういう世の中であることを知った上で、たまには余裕を持てる様に、窓の外の景色も見ようと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。