スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下鴨納涼古本まつりに行ってきた。

京都古書研究会主催 下鴨納涼古本まつりに先週行って来ました。
昨年も行ける機会があったのですが行ける日が全部雨だったので、昨年は諦めて二年越しの訪問。
学祭の屋台の勢いでテントが連なっていて中身が全部本というのは、壮観でした。冊数はビルにある複数階の大書店の陳列数には敵わないとは思うけど、蚤の市の様に本が並んでいるのは見たことがなかったので、新鮮でした。
戦前の本まであって、半世紀以上経った後も金銭的価値が付与されて流通されているってのは本はすごいなぁと改めて思いました。良かったのは児童書のコーナーで充実していた。自分が昔読んだ本も置いてあるので懐かしくなったり。
蛾眉書房は出店していなかったし、絵本「ラ・タ・タ・タム」は見つからなかったですが、来年もまた行ってみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。