スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1時間書斎。

この4月に異動があり、通勤経路が変わりました。
距離が近くなって、電車の乗車時間が半分くらいになった。
これはこれで大変良いことなのですが、読書や考え事等する時間も半分です。
1時間程度、一人で座って、移動もできない空間ってのはそれはそれで有難いものだったのか。
これまでは意識しなくても本を読む時間や考える時間が確保できたわけですが、今後は意識的にそういう時間や場所を確保しないといけないなあと感じました。
家だとなあ色々あるから、気が散ってしまうのよなぁ。
毎日机に座る習慣とか勉強部屋が必要とか中高生の様なことを始めていこうと思いました。

別荘(有料)に行った。

今日はいい天気なこともあり、近所の詩仙堂に行きました。

詩仙堂は徳川家の家臣であった石川丈山が隠居のために作った山荘で、日本で初めてししおどしが作られた場所です。左京の山の奥にあるので、観光客もそこまで多くなく静かな名勝です。

のんびりするだけだったら家でいいじゃねーかとも思いましたが、家では掃除やらついついパソコンいじったりやら別のことをしていまいやすいし、詩仙堂の庭園のような眺める場所もなく、amazonプライムビデオを眺めて過ごしそうなので、家は却下。

相当のんびりして帰ったわけですが、これはいい。こういう使い方ができる場所が左京にあって良かった。これはある種の別荘です。
私は使いたい時に管理料を払って入るタイプの別荘を持っているのです。
管理している人に庭等の手入れをしてもらって、使いたい時に管理料を払って入っているのです。
この広い庭を1回500円の利用料で丁寧に維持管理をしてくれて、折角なので公開しているのだと。

龍安寺とか大きい庭園だとそうはとても思えないけど、詩仙堂はそう思わせてくれるくらい落ち着いた場所でした。
また行こう。



初フルマラソン。

長居公園の市民マラソンに参加(第38回大阪42.195kmフルマラソン)。

ぐるぐる園内を回るコースなので、コース面での負担が少なく、フルマラソンを経験をするという目的を達成する点においてとても良い大会だった。参加人数もハーフマラソンと併せて1500人と規模の小さい大会なので、走ることに集中できた。

結果は4時間56分でぎりぎり4時間台。フルマラソン舐めてました。完全に練習不足、経験不足。
ハーフまでは5分20秒/キロで走っていたけど、ハーフ以降失速して、30キロを過ぎるとマラソンの体をなしてなかった。30キロの壁は聞いてはいましたが、こんなに高い壁だったとは、壁を越えたら35キロ以降は足がまったく動かなくなる断崖だったし。ハーフまで、ハーフ以降、30キロ以降、35キロ以降はそれぞれ違う競技なんだと感じた。

走っている最中は「これは人間の走る距離ではない、、、次からは参加するのはハーフマラソンまでにしよう」とか考えていたけど、終わってみると「次はこうしよう」とか考えている。全くマラソンってのは罪深い。
フルマラソンを止まらず最後まで走り続けられる人は、それだけで凄い人なんだと認識を改めました。次は最後まで走り続けられる脚力をつけていきたいです。

フルマラソンができる理由としてよく聞く、長距離を走る際には苦痛を和らげるためドーパミンが出ると言われるランナーズハイという現象は全くなかったです。ゴールするまで苦痛垂れ流しでした。エイドではバナナやレモンがあったのですが、こんなにレモンがうまいと思ったのは生まれて初めてでした。

思考をまとめる、アウトライナー。

文章で考えをまとめる際に、アウトライナーを使い出した。

車内で文章を作ったりするのに、メモ帳やEvernoteではどうにもやりづらい部分があり、何か良い方法がないかと探していたところ、アウトラインの考え方にたどり着き、試していますが、結構便利。

アウトライナーとは、アウトライン(概要)を作ることに特化したソフトのことで、文章を一行ごとに独立していると見立てて、操作できるソフトです。アウトライナーには基本として、「表示」「折りたたみ」「組み換え」の三つの機能を持っています。

アウトライナーは、文章で物事を考えるのに適しているソフトだと感じてます。文章が「折りたたみ」「組み替えられる」ことを容易にしただけで、文章で考えることが楽になるとは思わなかった。
折りたたむことで、大きな文章の流れを確認でき、組み替えることで、文章をトップダウンとボトムアップ両面から考えることが容易になりました。

Evernoteはノート間で相互作用があるが、workflowyは文章間で相互作用があると感じます。
死に文章(トピック)が別の項目で蘇り活用できることは、Evernoteにはない経験でした。
Evernoteは日記等、単純な文章の蓄積は得意だが推敲は苦手なので、ブログの文章を作るには不向きだったんだなあと感じました。今は、遂行するフロー的な文章はworkflowy、日記等書きっぱなしの文章はストックとしてevernote、と使い分けてます。

久々に使い込んで見ようと思ったソフトです。こういうのを見つけると、PCSSのリーダーミーティングとかで試してみたら面白かったかも、とか思ってしまいます。

ソフトウェアは僕はWorkFlowyを使ってます。端末に縛られずに更新できるから便利です。
ポータルな説明がないので、使い方は個人のブログや書籍を探す形になります。
「単純作業に心を込めて」「アウトライナー「WorkFlowy」の使い方・活用法(NAVERまとめ)」

利用するには登録が必要でいわゆるフリーミアムモデルです、初期登録可能トピック数は250トピック/月です。
下記から登録すれば初期作成トピック数が500まで増えます。僕も250トピック増えます。
1ヶ月使ってみて、100トピック位なので、まずは500トピックあれば、試している途中でトピックが月上限を超えることはないのではないかなぁと思います。興味がある人はぜひ。
https://workflowy.com/invite/364d2530.lnx

料理と仕事。

平日1週間分の夕食を土日にまとめて作るようになって半年経ちました。母親がしていた料理のイメージとはだいぶかけ離れているけど、まあなんとかやっています。
半年続けて思うのは料理は仕事に似ているということ。作業場所があり、道具があり、材料が自分を介して変わっていく。何かを作るという行為は対象が何であれ須らく似ているのかとも思います。

ある意味、台所は料理する人にとって職場みたいなものだと思う。ならばそこには自分なりの効率があるはずで、以前は不思議に思っていた「家族も含めて他人に台所に立ち入ってほしくない」という意見は「自分の職場のデスクや引き出しを勝手に使ってほしくない」と読み換えると、なるほど共感できると思いました。

自分は台所が好きです。シンプルだし目的外のものがない。
慣れてくると調理器具等色々欲しいものも出てきて、台所スペースと相談しながら環境をアップデートできたらいいなと思います。
ああ無水鍋が欲しい。食洗機が欲しい。広い台所が一番欲しい。
プロフィール

犬

Author:犬
ごゆるりと。

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
タグ

市況雑感 Evernote 書評 原付一人旅 iPhone キャリアカウンセリング Mac ライフログ kindle 

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。